低体温を改善して免疫力もアップ!美容にも効果有り!

低体温を改善して免疫力もアップし、風邪も引かなくなりました!体温が低い人は免疫力も低いと聞いた事はありましたが、あまり深く気にしていなかったんですよね。冷え性の自覚はありましたけど、体温を測るのなんて具合の悪い時くらいでしたので、平熱がどれくらいなのかも知りませんでした。

体温が1度下がるだけで代謝は12%、免疫力では37%も下がってしまうと知り、平熱を測ってみたところ、まさかの35度以下でした。36度はないだろうと思ってはいましたけど、35度すらないとは思ってもいませんでした。これは早急に体温を上げる努力をしないといけませんよね。

まずは手軽に末端の冷えを改善するべく、家の中でもソックス履き、少しでも冷えを感じたらレッグウォーマーも着用します。冷えやすい下半身を冷やさないために、長時間座っている時にはひざ掛けも必要です。

お風呂もゆっくりと浸かるのに、最初から全身湯船に浸かっていると、温まる前にのぼせてしまいますよね。なので最初の20分くらいは半身浴、途中で足し湯をして全身浴で後15分くらい浸かるようにしています。

これで体を温めるだけでなく、リラックス効果も得られるので、眠りの質も良くなりますよ。リラックスした状態で十分な睡眠を取ると、成長ホルモンの分泌が増えて、細胞の代謝も活発になり、強い骨や内臓や皮膚が作られるそうですね。

食生活の見直しも重要です。実は野菜サラダが大好物なんですよ。しっかりと冷やしてパリっとさせた、キャベツやレタスにトマトとセロリときゅうりをトッピング、よくある普通のサラダですよね。でもこの野菜たちは全部体を冷やす作用があるんですね。

ただでさえ体を冷やす作用のある食材を、冷たく冷やしてから口にしていたのでは、ますます体は冷えてしまいます。サラダを食べる時には常温で食べるか、体を温める作用のある根菜類を加えたり、温野菜にするようにしてみました。

低体温改善を意識し始めてから4ヶ月で平熱が36度を超えました。体温が36度代に入ってから一気に疲れにくくなりましたし、肩こりや頭痛、脚のむくみを覚える事がなくなり、季節の変わり目ごとにひいていた風邪もひかなくなりました。ついでにずっと停滞していた体重も落ち、それでいて肌荒れも改善されてしまいました。

低体温で良い事って何もないんですね。体温を上げるだけで、美容にも健康にもかなり効果がありましたので、冷え性だったり平熱が低い方には、低体温改善がお勧めです。