ジョギングでなく短距離でも効果有り。

ジョギングより短距離ダッシュで効果有り

ずっと運動不足が気になっていたので何か始めなければと思って始めたのが短距離ダッシュ、これが今は私の健康法になっています。

若い頃の体型とは随分と変わって来たのが気になりつつも、なかなか続かないエクササイズやランニング、一度ヨガを始めようとしましたが申し込み寸前で諦めてしまいました。

学生時代から運動は好きだったのですが、どこかその当時の自分を過信してて、いつでも元に戻せるだろうと思ってたのが甘かったですね。

歳を重ねるにつれ体重が落ちなくなり、それと比例して体型も段々と緩んできてしまいました。スタミナ自体落ちているのを実感していたのでゆっくりとしたペースでランニングをしてみましたが、始めて一週間ほどでリタイア、一度走らなくなるともうダメですね。

しばらく考えた末に思いついたのは、中長距離では気が滅入ってしまって続かないなら短距離ならどうだろうという素朴な疑問でした。

仮に50Mだとしても走ったあとはゆっくり歩いて戻ります。インターバルが空けられるので自分のペースで再スタートできると思ったのです。これが長い距離だと休みたくても休めないものなのですね。

試しにやってみようと近所で場所を探してみると、これが意外にいくつもありそうです。最終的に選んだのは線路沿いの軽い坂道、しかも都合良いことに夜はほとんど人通りもありません。これなら多少不格好でも人目を気にすることもなく自分のペースで走れます。

最初は軽い脚慣らし程度、ちょっと負荷を掛ける程度で2~3本から始めました。運動不足ですとこれだけで効果十分、終わって帰る道のりで結構汗をかけます。

無理をするとケガに繋がりそうですので脚に違和感があると軽いウォーキング程度にし、調子が良い日は本数を少しづつ増やしていきました。

今ではすっかり日課になりつつありますが、体重の減りはわずかながら体のキレは間違いなく良くなっていますね。
ずっと気になってたのは腰や膝などの関節部分の可動域が狭くなってきてる気がしてたこと、これもダッシュをするうちに随分と改善されつつあるように感じています。

一般的にはランニングというとジョギングのようなものを良しとする傾向がありますが、短距離で走ることがこんなに良いとは思いませんでした。一番の利点は飽きないことでしょうか。これならずっと続けられそうな気がしています。