ウォーキングと白ごま油うがいで健康管理

ウォーキングと白ごま油うがいで健康管理私が普段している健康法は、30分以上毎日歩くことと白ごま油うがいです。この2つである程度の健康と美容を乗り切れるのではないかと考えています。

その理由をお話したいと思います。私は健康診断で何が一番気になるかといえばズバリ体重でした。電車通勤だし事務職で日中は座り放しになるので運動不足は明らかでした。

スポーツクラブに通いたくても時間やお金がもったいないと思い、何とか自分でもできる手軽な運動を探したら、このウォーキングにたどり着きました。

私の家から会社まで歩いてみると35分かかりました。40分歩くのはきついけれども30分台だったら歩けるかもしれないと思いました。

今まで電車に乗って通勤していたのをまずは帰り道から歩いてみることにしました。ウォーキングは体に良いとされる有酸素運動の中で一番手軽で効果的な運動です。この有酸素運動は30分以上続けることが良いと言われます。

スニーカーなど歩きやすい靴にして肩以上の歩幅でリズミカルに歩くとよいです。そうすると体の中からポカポカあたたまり、脂肪や体内に蓄積されたものが燃えている感じがしてきます。

体重が増える、ダイエットしても痩せないのは代謝が悪いからです。歩くことによってこの基礎代謝が格段に上がるので歩くことで痩せやすい体になってきます。私はこのウォーキングを続けた結果、食べても太らない体質になりました。

また私のおすすめするもう一つの健康法、または美容法として白ごま油うがいをおすすめします。毎日100度以上に加熱して冷ました白ごま油を大きなスプーン一杯口に含み、30秒間ぶくぶくうがいをするという方法です。

これはインドのアーユルヴェータに基づく健康法で抗酸化作用のある油を口の粘膜からとることで肌や髪をきれいにし虫歯や口臭など歯の健康を促すものです。

とくにほうれい線や白髪に効果的と言われます。この白ごま油うがいを通じて感じたことは、料理に使用して食べて体内に入れるより口の粘膜から体内に吸収するほうがより効果的だし速効性も期待できると感じました。

とくに顕著な違いは口内炎ができにくくなったことと、虫歯がうがいをはじめてから見つかっていないのは特筆すべきかなと思います。肌荒れもありませんし、白髪も増えたと感じることはありません。運動して体をケアする健康法を習慣化し続けるのが大事かもしれません。